坂のホテル京都 メンバーズ通信 ~京都東山・旅のしおり~【Vol.7】


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


坂のホテル京都 メンバーズ通信 ~京都東山・旅のしおり~【Vol.7】

    https://www.newawaji-hotels.com/url.php?id=285

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2020年6月2日■□■

皆様こんにちは。
坂のホテル京都の岡崎です。

この度の新型コロナウィルス感染症の流行で影響を受けられている
皆様に心よりお見舞い申し上げます。

先月4月7日に全国で緊急事態宣言が発出され、京都東山の風景は
目を疑うような全くの別世界のように一変しましたが、政府による
先週の3都道県の緊急事態宣言解除により、感染予防に努めながら
社会経済活動を行っていく新しい日常生活をスタートすることになり
ました。

その間、坂のホテル京都も感染者拡大の抑制のため休業し、ご予約
をお断りせざるを得ない日々が続きましたが、今回の解除を受けて
今週6月5日に営業を再開させていただくことになりました。
かつてのような京都東山の賑わいが戻るのはまだまだ先になりそう
ですが、感染防止に努めながら、ご来館いただくお客様に心から安心し
お寛ぎいただけるよう、スタッフ一同精一杯おもてなしさせていただ
ければと思います。

そんな中で、坂のホテル京都も所属するホテルニューアワジグループに
この春に入社したばかりの新入社員が今この時期にどう過ごしているのか、
NHK神戸放送局の「Live Love ひょうご」という番組で取材をして
いただきました。

▼ Live Love ひょうご 「コロナで変わる淡路島のホテル新人研修」
https://www.newawaji-hotels.com/url.php?id=286

おもてなしの心を持ってお客様に接する、そんな未来の自分たちを
想像し今できることを通じて研鑽している様子を放送いただきました。
彼らが無事研修を終えて坂のホテル京都に配属された折には、生き生きと
活躍が出来るよう、私たち先輩社員が彼らの支えとなり、手本となり
頑張っていきたいと思います。

それでは、坂のホテル京都メンバーズ通信 ~京都東山・旅のしおり~
どうぞ最後までごゆっくりとお付き合いくださいませ。

☆━<INDEX>━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

■ トピックス

[1] 新型コロナウイルス感染症への当ホテルの取り組みについて

[2] 「平成の大修理」清水寺本堂の屋根の檜皮葺き替え工事が完了!

[3] 50歳以上のお客様がお得にご宿泊いただけるプランが登場

[4] 鱧の本場"淡路島"の天然鱧と風味豊かな淡路牛を味わうプラン

■大人の東山巡り vol.7 ~金閣寺。銀閣寺。そして銅閣寺!?~

■ 編集後記

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━<INDEX>━☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[1] 新型コロナウイルス感染症への当ホテルの取り組みについて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

坂のホテル京都、並びにホテルニューアワジグループではお客様に安心して
当ホテルをご利用頂くため、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を
行なっております。全国で緊急事態宣言の解除がなされましたが、引き続き
感染拡大防止の取り組みに努めて参ります。

お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますよう
何卒お願い申し上げます。

▼新型コロナウイルス感染症への当ホテルの取り組みについて
https://www.newawaji-hotels.com/url.php?id=287

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[2] 「平成の大修理」清水寺本堂の屋根の檜皮葺き替え工事が完了!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

約3年かけて行なわれた清水寺本堂の屋根の檜皮葺き替え工事が完了し、
本堂を覆っていた素屋根も撤去されました。約50年ぶりに新たな檜皮に
葺き替えられた美しい清水寺の姿を見ることができます。

清水寺本堂が素屋根にすっぽりと覆われた映像がメディアに取り上げられて
いたのが約3年前なので、工事がここ数年の期間のことと思われている方も
多いかもしれませんが、実はこの平成の大修理は12年前の2008年から
始まっていました。大きな屋根の材料を確保するだけでも約8年前から
取り組んできたそうで、これまでに9棟の国宝・重要文化財の保存修理が
行なわれ、残すは本堂と釈迦堂のみとなります。

舞台板交換の工事は引き続き行われていて、一部が入場制限されていますが、
久しぶりに「清水の舞台」の全貌を外から見ることができるようになって
います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[3] 50歳以上のお客様がお得にご宿泊いただけるプランが登場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

清水寺まで徒歩で5分の好立地にも関わらず、表通りの喧騒から離れて
静寂に守られた坂のホテル京都で大人の静かな京都を味わって
いただきたいと、50歳以上のお客様限定で平日お得にご宿泊いただける
新プランをご用意致しました。

坂のホテル京都での愉しみのひとつが、「日本酒風呂」です。多くの客室に
備えた桧風呂に、京都伏見の酒をたっぷりと注いで肩までゆったり。
リビングのような寛ぎを大切にしたゲストラウンジではカフェマシーンや
紅茶、京都所縁の御菓子などをご用意する常設のドリンク&スナックブースに
加え、アペリティフタイム(16:00~18:00)にはスパークリングワイン等の
アルコールも無料で。そして、悠久の古都で京都と御食国の食材を活かした
懐石ディナーもご堪能頂けます。

■【1日3組限定】50歳からの京都旅★
  世界遺産「清水寺」参道の小路に佇む静かな和のホテル(二食付)
https://www.newawaji-hotels.com/url.php?id=288

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[4] 鱧の本場"淡路島"の天然鱧と風味豊かな淡路牛を味わうプラン
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の京都を代表する食材「鱧」。
交通が発達していなかった昔に、生命力の強い鱧は遠く離れた産地から
京都まで活かして届けることができる数少ない海産物であったため、
鱧料理の文化が京都で発達していったといわれています。
京都の夏の風物詩・祇園祭は別名「鱧祭り」とも呼ばれることでも有名です。

そんな京都と縁の深い鱧ですが、京都へ鱧を届けていたのは御食国として
朝廷や皇室に海産物を献上していた鱧の本場・淡路島。

坂のホテル京都では淡路島から届けられる天然鱧と淡路牛を味わって頂く
期間限定プランをご用意しております。定番の鱧の落としをはじめ、
牡丹鱧の清まし、淡路牛の炙り焼などに加え、メイン料理には淡路島の
郷土料理「鱧すき鍋」をご用意。鱧のアラからとった旨みたっぷりの出汁に
旬を迎えた淡路玉葱を一緒にしっかり煮込みます。玉葱の甘みがとけあう
出汁を身にまとわせ、口の中で身がホロリとほぐれていく深い味わいを
お愉しみいただけます。

◆鱧の本場"淡路島"の天然鱧を味わうプラン
  風味豊かな淡路牛や古都の味覚とともに(二食付)
https://www.newawaji-hotels.com/url.php?id=289

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■大人の東山巡り vol.7 ~金閣寺。銀閣寺。そして銅閣寺!?~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

京都には金閣寺、銀閣寺があることは有名ですが、銅閣寺もあるのは
ご存知でしょうか?坂のホテル京都から徒歩10分、東山・円山公園の
程近くにその建物は建立されています。

「金閣も銀閣もあるのだから、銅閣も作る」と大倉財閥の設立者、大倉
喜八郎という人物が昭和初期、自身90歳の時に建設したのだそうです。
このとき設計を依頼されたのが、平安神宮や明治神宮の建築にも携わった
ことで名を馳せる伊藤忠太。大倉氏は当初、少年時代に見て印象に残って
いた「突風に吹かれて逆立った雨傘」をイメージして銅閣を作れないか
伊藤氏に打診しましたが、それはさすがに難しいとのことで、祇園祭の
山鉾をモチーフに屋根を銅板葺きにして誕生したのが「銅閣」(正式名は
大雲院 祇園閣)です。

室町時代に建てられた金閣・銀閣に比べると歴史は浅いものの、金閣・
銀閣に続いて銅閣もというユーモアに溢れた大倉氏の発想に想いを馳せ
ながら、近代建築「銅閣」と東山界隈の寺社巡りに出掛けられてはいかが
でしょう。

残念ながら通常は非公開となっていて、内部をご覧頂くことはできませんが、
特別公開されることもありますので、京都にお越しの際にはぜひ公開情報を
ご確認くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のメンバーズ通信では坂のホテル京都の新プランや清水寺の情報を
ご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

冒頭でもお伝えしましたとおり、緊急事態宣言が47都道府県全てで解除
されました。私も期間中は自宅で過ごすことが多くなり、趣味の料理の
幅を広げるべく漬物容器を引っ張り出してきて漬物を漬けてみたり、
十数年ぶりかに絵を描いてみようと思い立ち、庭からの田園風景を書いて
みたりと行動が制限される中で、なにか楽しみを見つけて過ごしていました。

今後も新しい生活スタイルの確立を模索しながらも、あまり過度に臆病に
ならず過ごす必要があるかと思います。私も密を避けつつ楽しめることを
探していこうと思います。

皆様もぜひ何か新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
私はもう少し上手に絵が描けるようになったら屋根の檜皮葺き替え工事が
終わった清水寺の絵を描きに行ってみたいなと思っています♪

それでは、今回のメンバーズ通信はこのあたりで。
最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。
また次回お会いいたしましょう。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

本メールマガジンは送信専用のため、返信を頂いてもお答えできません。
ご質問は各ホテル公式ホームページよりお問い合わせください。

配信停止をご希望の場合は大変恐れ入りますがそのままご返信ください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

編集:ホテルニューアワジグループ
編集担当:岡崎 友太
HotelNewAwajiGroup:https://www.newawaji-hotels.com/url.php?id=290

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

記事履歴